プロフィール

TEN

Author:TEN
東京の田舎町在住。2006年に生まれた息子ISSEYを筆頭に夫のKと管理人のTEN+大型犬であるフラットのベル姉さんとまったり暮らしています。

最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本の読み聞かせ

我が家には現在絵本が150冊程度ある。
もともと私は本が好きなのだが、
子供にも好きになってもらいたいと思って
ISSEYが生後3か月くらいから、読み聞かせを始めた。

最初は当然自分で選択できるわけもなく、
親が勝手に選んで読み聞かせていたのだが、
今では自分で何冊かもってきて
読んでくれと催促するようになった。

そんなISSEYのお気に入りがこれ。
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る

キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)キャベツくん (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(2005/02)
長 新太

商品詳細を見る

「100万回生きたねこ」は大人が読んでもいいと思う絵本。
まだISSEYには「生死」という意味がよくわからないと思うけど
彼にとっては何か印象に残るのか、
毎日20冊以上読まされる絵本の一つにチョイスされている。

「キャベツくん」は最初大爆笑してしまった絵本。
同じような展開が繰り返されるのだけど
同じような言葉のリズムがとても面白い。
ブタヤマさんとキャベツくんシリーズとして他にもあるらしい(笑)

そして定番中の定番。
ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
(1967/01/20)
なかがわ りえこ

商品詳細を見る

私が生まれる前からある絵本。
私自身小さい頃に何度か読んだ覚えがある。
親の世代から読み続けられている絵本というのは
本当に名作なんだろうなぁと思う。
今読んでもとても面白いと感じるからすごい。

他にも面白い絵本はたくさんあるので
またぜひ皆さんにご紹介していこうと思う。
スポンサーサイト
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
ドッグリゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。