プロフィール

Author:TEN
東京の田舎町在住。2006年に生まれた息子ISSEYを筆頭に夫のKと管理人のTEN+大型犬であるフラットのベル姉さんとまったり暮らしています。

最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9回目のお誕生日

9か月近くも放置しっぱなしのブログですが、
今日ばかりは書かないとと思い、久しぶりの更新です。

ベル姉さん、昨日9歳のお誕生日を無事迎えました。
この日を迎えられて本当に良かったの一言に尽きます。
というのもつい最近
左手「骨髄炎」の可能性という診断を受けたばかりなんです。

2年前に免疫疾患を起こしてから
何かと病院通いが続いているベル姉さん。

去年の9月ごろから時折歩き方が変になり、
病院に通うも原因が分からず、
関節の専門医に診てもらっても判断がつかず、
さてどうしたものかと思っていた矢先、
突然3足歩行になってしまいました。

慌てて病院に連れていって検査したところ、
左手人差し指辺りの骨が異常に大きくなっていて
スカスカの状態に・・・。
外見から見てもわかるくらいに腫れていました。
その時の診断は「リュウマチ」の可能性。

その日からステロイドを飲むことになったのですが・・・。

ベル姉さん、ステロイドにはかーなり弱いらしく
飲み始めて1週間くらいしたら
今度はひどい下痢状態に。

また病院に連れて行き、
ステロイドの量を半減し、薬も変えて一週間。
ようやく下痢も収まり、左手の腫れも収まりました。

ただリュウマチにしては、不自然な点があるということで
再度精密検査を行い、
細胞健診及び病理へ出すことになりました。
待つこと1週間。
「リュウマチ」ではなく、
「骨髄炎」の可能性という結果になりました。

「可能性」というのは細胞健診も病理でも
原因を特定することが出来なかったからなんです。
本当に原因を特定するには、
炎症を起こしている骨に直接針を刺し、
細胞を採取し検査する以外にありません。
でもそうするには、全身麻酔をかけねばならず
また、骨に直接針を刺すため、
もろくなっている左手人差し指の骨が骨折する可能性があるんです。

先生とも相談し、とりあえず薬を「骨髄炎」の薬に変えて
しばらく様子を見ることにしました。
そしてもしまた3足歩行になることがあれば、
即、上記の検査を行うことに決めました。

今、薬を飲み始めて約一週間。
3足歩行になることもなく、
食欲も旺盛で元気いっぱいです。
このまま変化することなく、
お薬が効いて改善傾向へ向かうことを祈るばかり。
 
長くなりましたが、
そんな状況下の中で、無事9歳のお誕生日を迎えました。
元気いっぱいとはいえ、フリーで走り回ることが出来ないので
(まだ骨が不安定なので、走り回ると骨折の可能性があるんです。)
遊びに行くことができませんが、
食べることは犬一倍すごいベル姉さんのために
ISSEYと一緒にわんこケーキを作りました。
ケーキ
(クリーム及び飾り付けはISSEY担当)
見栄えはあまりよくありませんが、即効で完食してしまいました。
ベル9歳
まだまだ戦いは続くけど、一緒に頑張ろうね♪

ベル、お誕生日おめでとう☆

スポンサーサイト

無事終わりました。

ベル姉さんの脂肪腫切除手術は無事終了しました。
結果から言うと、良性腫瘍で特に異常はありませんでした。

ちなみに取った脂肪腫はこれ。
(出来るだけ写真は小さくしてみました)
脂肪腫
左が胸にあったもので、右が左腰脇にあったもの。
(左がだいたい野球のボールくらいと言えば大きさがわかるかな。)
見たまんま、脂肪の塊でした。

そして、この腫瘍以外に気になるものはなく、
血液検査、レントゲン、エコーのすべてに異常はなかったようです。
本当にほっと一安心しました。

ただ。
本来なら翌日まで入院して経過を観察するようなのですが・・・。

ベル姉さん、麻酔から覚めたとたん元気いっぱい
点滴を抜いたり、カラーを壊したりということはなかったのですが、
ゲージの中で落ち着かず、ぐるぐるうろうろ
眼の前をスタッフが通るたびに、しっぽをふりふりバンバン音をたて、
ゲージ中にカラーをがこんがこんとぶつける始末。
落ち着いて寝ている様子は全くなかったそうです
このままではベルが疲れてしまうということで、
病院からお迎え依頼のお電話を頂いてしまいました

思えば避妊手術をした時も、
麻酔から覚めたら点滴を勝手に抜いて、
縫った傷口をいじって糸を切ろうとしていたっけ・・・
そしてその時も翌日までの入院が
当日お迎えになってしまったんだよなぁ。。。

ともあれ無事手術を終え、
何も異常がなく帰宅することが出来ました。
ご心配いただいた皆さま、
そしてベル姉さんにパワーを送ってくださった皆さま、
本当に本当にありがとうございましたm(_)m
この場をお借りして御礼申し上げます。
お疲れベル姉さん

明日手術します。

3年ほど前からベル姉さんには
左腰脇と胸の中央に脂肪種が出来てました。
ピンポン玉を一回り小さくした感じのまま、
ほとんど大きさが変わらずいたのですが、
昨年末ごろから胸にある脂肪種が少しずつ大きくなっていました。

ベル姉さんは昨年夏の免疫疾患から
定期健診を受けているのですが、
先月の健診の際に院長先生から
「そろそろ切除を考えた方がいいかも。」と言われてしまいました。

そう。今の大きさは片手いっぱいに乗っかる程度。
ソフトボールを一回り大きくした感じ。
場所が場所なだけに、寝ているときにどうしても圧迫してしまうので
刺激を受けやすいのです。

ベル姉さんは避妊手術をした1歳のころ以来、
手術なんてしたことがありません。
8歳という年齢を考えると、先に延ばすことがいいとも思えません。
局部麻酔も可能ではあるけれど、
犬が恐怖を感じてストレスになるため、全身麻酔をすることになります。

そして何より、脂肪種だけならいいけれど
大きくなったのが他の原因だったりしたら・・・と考えると
とってもとっても怖いのです。

家族で真剣に話し合い、今後のことも考え、
ベル姉さんにとって一番いい方法をということで
切除手術をすることに決めました。

明日から一泊の入院。
何もなければ日曜日には帰宅が出来る。
とにかく無事手術が終わって元気な顔が見れるといいな。
頑張れ!ベル姉さん!
IMG_8492.jpg

Happy Birthday♪

今日はバンビちゃん、ベル姉さんの8歳のお誕生日。
お誕生日、本当におめでとう♪
バンビちゃんは天国でお友達と走り回ってるかな。
頼りない妹だけど、そちらに行くまでは見守ってやってね。

く、くさいです・・・

最近ねえ。ベル姉さんのおならが強烈なんです。

カーペットの上にどどーんと横になっている時
何気に漂ってくるにほひ。
かーなり強烈なんです。。。

人間と一緒で音ありなら、その場で対応出来るけど
何せ音がないもんだから、にほひ先行。
したらしたって言ってくれよ!!と泣きたくなるくらい。

ま、ベル姉さんもシニアまっさかり。
歳とともににほひも強烈になるのかしらね。
何か?
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
ドッグリゾート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。